高度専門士「学士」と同等の称号「高度専門士」を付与

国が認めた4年一貫教育による“仕事力”

広島医療保健専門学校の作業療法学科・理学療法学科の卒業生は、大学卒業者の「学士」と同等の称号「高度専門士」が付与されます。

各学科の取得資格

「高度専門士」とは、4年制専門学校の修了者に与えられる称号のことです。これは大学卒業者の「学士」と同等に位置づけられる称号として平成17年に創設されたもので、大学院への入学資格が付与されることでも大いに注目されています。

これまで大学卒業者には「学士」、短期大学卒業者には「短期大学士」、そして専門学校を卒業した人には「専門士」の称号が与えられてきました。
現在、社会が要求する技術の高度化や付加価値のある人材育成の必要性を背景に、4年生の教育課程を組んで、より高度な教育を実施する専門学校が増えてきています。この4年一貫教育で展開される圧倒的な実習量、そこで磨き上げた“仕事力”を高く評価するために「高度専門士」は誕生したのです。
「高度専門士」は、専門学校選びの新しい基準になると期待されています。

「高度専門士」のメリットは多彩進学も給与も4年制大学同等に

大学院への進学が可能に

これまで専門士が大学院に進学するには、あらためて4年制の大学に入学するか、大学院入学資格を得られる22歳を待たなければなりませんでした。しかし今後は、「高度専門士」を取得すれば、大学院への進学の道が開けます。これにより、将来の進路の幅が大きく広がったといえるでしょう。

大卒者と同等の給与水準へ

公務員の給与など勤務条件を管轄する人事院の規則によると、「高度専門士」を付与された者は、大卒者と同等の給与水準であると記されています。これは、一般企業に先立って規定されたもので、今後、「高度専門士」の給与水準は企業ニーズとともに、ますます高まることが予測されます。

企業ニーズに即した高度な職業人の育成

「高度専門士」の誕生は、日本の高等教育の道に、大学、大学院というルートに加え、職場教育を中心とするもう1本のルートが確立したことを意味します。今後、企業との連携、実践的な施設・設備やカリキュラムにより、本当に企業が必要としている人材を的確に育成する機関として、一般大学と同等かそれ以上に産業界から評価される可能性を秘めています。

年々高まる専門学校の社会的評価

1977年
専門学校卒業の給与水準が、短大卒業者と同等になる
1995年
【専門士】の称号が与えられ、学歴面で短大卒業者と同等の評価に
1999年
専門学校修了者の4年生大学編入が認められる
2005年
4年制専門学校の修了者に【高度専門士】の称号が与えられ、大学院への入学資格が認められる

【高度専門士】の給与水準が、大学卒業者と同等になる。

理学療法学科

精神保健福祉学科

社会福祉学科

このページのTOPへ戻る ▲

資料請求

広島医療保健専門学校の最新の学校案内・募集要項を資料代送料共に無料でお届けします。古沢学園総合資料請求コーナーからご請求いただけます。

ご請求方法と請求フォームはこちら

モバイルサイト

広島医療保健専門学校のモバイルサイトへは右のQRコードからアクセス!!